完成間近

九月から工事が始まっていたM様邸が完成に近づいてきました。

外壁、内壁は張られ、ドア、窓も入り、住宅設備もおおよそ設置され残りは内装となってきました。

今回はLDK床を無垢材でかつシェブロン張り(別名:フレンチヘリンボーン)という特殊な張り方をしております。

へリンボーンは古い洋館などでちょくちょく見かけますがシェブロンになると遭遇率はぐっと下がります。

かっこよくとても雰囲気が良い張り方なのですが施工や材の加工に手間がかかるため現在でシェブロン張りをしているところは少ないと思います。

普通の床なら一日で張れてしまう量なのですが今回は左の写真が一日かかっての進み具合です。

アンティーク照明も仮設置され、雰囲気が出てきました。

内覧会といえば大げさですが今回、希望者には建物を見てもらえるようにと考えています。

興味のある方はご連絡をお待ちしております。