内装リフォームに合わせた造作家具として収納兼飾り棚を提案。

市販品ではできない壁面から窓枠までの間で無駄なく収まるよう且つ前面の柱までとの距離を考慮した奥行にて制作しています。