構造                 :  木造平屋建て(SW工法)

各面積データ   :  1f床面積 146.57㎡(≒44.4坪) 延床面積 146.57㎡ 敷地面積389.88㎡(≒118.1坪)


設計にあたっての要望、条件、主旨等

●お施主様は二世帯住宅を希望しておられて平屋建ての二世帯住宅で広いリビングと駐車場が欲しい。とのこと。

●将来、もし車椅子等を使用するようになった場合を考慮した住宅に。
●建物と外構とのつながりも素材レベルで違和感のないように。
●経年変化を味と捉えられるような、長く使うことで風合いや愛着の増していく家となるように。
●家が建ったときが最高潮ではなく、使うほどに経年変化を劣化と思わない楽しめる家に。
プランニングの工夫、考慮等
間口の広い敷地で平屋のため外観が間延びしないようにしています。
二世帯住宅ですので若夫婦と親夫婦のプライバシーを確保しつつも疎遠にならないような間取り。

もしも車椅子等を利用する場合を考慮して玄関 の段差に対してはウッドデッキを二段階で設置し、低い段のウッドデッキ部分は車椅子用の昇降機が設置できるサイズのスペースを確保し、デッキと昇降機をコ ンバートできる余地を残しています。また室内動線も親世帯は玄関、トイレ、LDKに近い位置にして負担を軽減しています。見た目に派手で動きの出る室内の 段差は無くし、住みやすさを重視しつつも、こだわりのアイテムや高品質な材を要所に使用して趣のある空間を演出しています。流行り廃りのない不偏的でかつ 満足感のある内外装を心がけました。


イメージCG